スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 我狼堂-PLUS!  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

前説3/8

レウルはただネッドの都市開発を黙って見ているしかなかった。
反抗の意志も無いと言えば嘘になるが、
ネッドの文明との余りの開きに
レウルも自分達の暮らしを疑問視してしまったからだ。

綺麗な服。便利な乗り物。実りの多い田畑のシステム。
そして、何よりネッドの顔立ちは洗練されていて、
美意識的な抑圧を感じたレウルの中には
己を醜い種だと自己嫌悪する者が出たり、
民族独自の美意識を確立し、自分達の文化に誇りを呼び戻そうと
活動する者もいたりで、二つの種の間に確執、軋轢という
罅(ひび)が入り出していた。

だが、レウルは賢明で、決してネッドに手を出さず、
事の成り行きを星の神々に委ね、慎ましい営みを続けていった。

一方は先進的な資源消費型の合理社会。
もう一方は懐古的な自然調和型の循環社会。
二つの人種、二つの生き方がくっきり分かれたそのどちらを
星が祝福したかは定かではないが、
時々大地の悲鳴の様な地鳴りがあった事だけは
どちらの人種も記憶に留めていた。
スポンサーサイト
by 我狼堂-PLUS!  at 23:09 |  小説・デビルブレイカーズ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

我狼堂-PLUS!

Author:我狼堂-PLUS!
我狼堂-PLUS!へようこそ。

・当ブログ(以下当店)は、
 リンクフリーです。
・プロフィール一番上の画像が、
 当店のバナーとなっております。
・当店の画像・文章・記事等の著作物の無断転載を禁止します。

gkamebana.gif
kisi2rogo.jpg
我狼堂-PLUS!は、
SDFC -匠-および
SDFC外伝を応援しています。

★BB戦士・三国伝
BB戦士のレビューっぽいもの。ほぼ三国伝のみ

★SDFC系改造作品
SDFC等を使ったリペ・改造作品

★イベント投稿作品
他サイト様に投稿させて頂いた作品です

★SDガチャポンレビュー
SDガンダム系ガチャのレビュー

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Tree-CATEGORY
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。