スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 我狼堂-PLUS!  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ベンドグローラ特別編

sp02.jpg
BTB氏の外伝系作品第三弾。
今回も気合入ってます☆
→記事一部修正。カード画像追加しました(2007.7.25)
*画像クリックで大きいサイズの画像が見れます。
<解説文:BTB>

まず何処から話しましょうか?
スティードの頭をすっ飛ばしてしまって、
屋根の向こうに消えてしまって、一週間探した所から?
いや、本題はアインとベンドグローラの事だ。それは置いておこう・・・。

さて、お次はスティードの変身体。
bendgloura_02.jpg

ラストレブル(最後の反逆者)、コード:ベンドグローラ。
この作品、実は最初アインと融合して
ファイナルフォーミュラーみたいなのにしようかな?
とか考えていた物ですが、

三度kou氏の助言でアインは一つのデザインとして確立しているから
対決で行きましょう、という事で企画が始まったのだ。
bendgloura_03.jpg
当初のデザインは額にブラックドラゴンみたいな角が生えていた。
そして後頭部にスーパー○イヤ人みたいな飾りが付いていた。

これは不味い。流石に不味過ぎる。kou氏も懸念されていた。
私もてんぱっていた為、ベタになってしまっていたのだ。
bendgloura_10.jpg
そしてデザインの練り直し。まず頭を作りました。
私はまず頭から作る。一番目が行く所だからだ。
色々試行錯誤した結果。現在の頭部のデザインの原型を手に入れる事に成功する。

そうして製作途中の画像の段階まで進んで、
次に肩、胸、腰、足と作って翼の段階に進んだ。

、どうするか・・・?
材料を探した。自作で薄い翼は今の私の技量では無理。

それは解っていたので色々探した結果、
かなり前に出ていたガシャポンEX-HGダンバイン4の
ズワウスの翼を見つける事が出来ました。
bendgloura_07.jpg
これはかなりの幸運だった。
正に天使が降りた瞬間だった。
ベンドグローラのイメージ、ドラゴンにぴったりの素材。
ちなみにアイン・ソフ・アウルの翼もダンバインのガシャポンの翼を使っています。

こちらは割と最近出た物で、
まだ中古ホビーショップでも売っているかも知れません。
売ってなかった時はごめんなさいという事でご了承下さい

そんな訳で翼はクリアした訳ですが、
次に取り掛かったのは進化型オーラアンプ
当初ベンドグローラはデスティニーの翼がそのまま付いていました。
bendgloura_06.jpg
それでは余りに余りだと思い、
オーラアンプ製作に入った訳です。
ちなみにこの時も偉大なるkou氏の助言があった事は言うまでもありません。

(ここに書いてある事はBTBが書いた物だから、
kou氏の介入は一切ありません。

偉大なるとか書くとkou氏は嫌がるかも 知れませんが、
kou氏はアイディアマンで、素晴らしいアイディアを持って来てくれるのです。

突飛ですが、それが氏の持ち味で、何時も私は助けられています。
この場をお借りして、 kou氏に感謝の言葉を述べさせて頂こうと思います。ありがとうございますmm)。

さて、オーラアンプですが、ここでも試行錯誤がありました。
その辺の経緯は省いて、 製作途中の画像の骨組みを手に入れる事に成功しました。
イメージは曼荼羅自然界における幾何学デザインとは何か?
という物です。

形は蜂の巣の一部を切り取った感じにしましたが、
そう見えているとありがたいです。
bendgloura_11.jpg
自然界における幾何学デザインとは何か?
の答えの一つとして辿り着いた形です。
オーラアンプのデザインは終わりました。
後は全体的にパテで肉付けです。
bendgloura_09.jpg
足にはドラゴンっぽく爪を。
そしてオーラアンプには電子回路の様なディティールを施しました。
マシーンと生物の融合をイメージしましたが、
上手くいっているとガッツポーズです。
bendgloura_04.jpg
肩にドラゴンの手と爪の装飾を。
腰前部はスティードの変身体という事でデザインに変更はありません。
全体的にまとまってきました。
最後に寂しかったお尻に尻尾を付けてあげました。
尻尾はボールジョイントで可動します。

そこまでいって最後に専用武器です。更に大型の武器。
bendgloura_05.jpg
bendgloura_01.jpg

bendgloura_14.jpg.jpg
それしか頭にありませんでした。 詳細は画像を見て貰うと大きさの対比が出来ると思います。

さあ、後は塗装です。
イメージ・・・浮かばなかったんですよ・・・マジでやばかったです・・・。
白・・・いかん、スティードから変わっていない。銀・・・アインと比べて、対比が取れない。
そんな時、手元に一冊の小説が・・・

・・・・はままさのり氏青の騎士 ベルゼルガ物語
主人公、ケインが・・・いや、省こう。

とにかくBTB一押しの小説のそれを見て、私ははっちゃけちゃったのです。
だ。テスタロッサだ。そうだ。メタリックブルーだ。とさかは赤だ。

そんな訳で色が決まった訳です。塗装。
メタリックブルーは隠ぺい力が低いので、私は下地にシャインシルバーを吹いています。そうするといい具合になります。

塗装後、 スーパークリア半光沢を吹き、完成!!
ようやく終わった。ここまでのべ三週間・・・長かった。
bendgloura_08.jpg
名前。色々考えた結果、ベンドグローラという名前を手に入れた。
どういう意味なのかは頭のいい人なら解ると思う。
その謎掛けをするのも一興と酔狂な事を仕掛けたのだ。

まあ青い竜ですから。それがヒントです。
ラストレブル。
アインに対する最後の反逆者という事でそう付けました。

現在スティードが主人公の小説を執筆中で、完成したら御目に掛けたいと思います。

そこでスティードとアインの決着を見られると思う。
そういう事にしておこう。

さてこんな馬鹿長い、つまらない文章に付き合って下さった皆様ありがとうございます。笑って頂けたら本望です。
bendgloura_13.jpg
次回作は未定ですが、魔壊戦士系は今後も作っていく予定です。
最後になりますが、発言の機会を下さったkou氏に感謝の言葉をもう一度。
本当にありがとうございます。
今までも何時も、これからもお世話になりっぱなしですね。
こんなヘタレですが、これからもどうぞよろしくお願い致しますmm。


~おまけ~
カード化して頂いた画像を掲載☆
bend_c.jpg
23.ラストレブル コード:ベンドグローラ
sp01_c.jpg
sp1.生と死の最終決戦

画像提供:かぷるの種
スポンサーサイト
by 我狼堂-PLUS!  at 02:08 |  SD系ガチャ改造 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

いやはやこれはお見事ですね☆
塗装のセンスのよさもさることながら、あれだけ大きなバックパックをつけても全体的なバランスが崩れていない所に造形のうまさが伺えます。
私もこの両者の戦いに参戦できるくらいのものを作ってみたくなりました!!
by MINT 2006/12/02 09:44  URL [ 編集 ]

ありがとうございますmm。
バックパックはちょっとやり過ぎてしまったと
後で気付きました(^^;。
もし劇中で動く事があれば、オーラアンプと
翼が干渉するのでは?というご指摘もあって、
それは今後の課題として残りました。
今回はチャレンジであると共に、己を見返す転換期
になりました。バランスが崩れていないと見て
頂けたなら、ほっとします(本当にです。汗)。
MINTさんの作品、楽しみにしてます(^^。
私も次回作を作り始めています。上手くいけば、
また一歩前進出来ると思います。
by BTB 2006/12/02 22:01  URL [ 編集 ]

ぱっと見た時、悪のスペドラを思い出しました。ちょうど色も
こんなんだったので。
オーラアンプの洋風のような和風のようななんとも言えない感じに
模様といい、肩の爪などここは特にすごいなぁと思わされます。
バックパックがすごいでかくて、これ単品で動き出しそうです。
見た感じこっちの方が悪そうなのに、生物殲滅計画を始めた
アインとあるあたり、どっちが悪いのやらで、向こうが行き過ぎた
善みたいですね。
てか、仕事の速さとこのクオリティが羨ましいとです。
by さとやん 2006/12/03 04:57  URL [ 編集 ]

ありがとうございますmm。
色は確かにそうですね(^^;。
オーラアンプ。和洋折衷というか、普遍的に人の意識に
訴える物にしたかったのです。さとやんさんにそう見て
貰えたのならガッツポーズです(^^。
肩の爪。何時も肩のデザインで悩まされます。
今回は各所に時間を取られ過ぎました。かなり難産です。
バックパック、確かに大き過ぎますよね。オーバー気味の
方が迫力が出るので、今回もそれを大事にしました。
見た目について。最近善らしい善というキャラ、メカが
多過ぎた気がします。綺麗に作り過ぎるのもいいんですけど、
本来力とは、それを形容する形とは異形でなければならない
と思うんです。追求する目標としては異形で怖いのだけど、
惹かれてしまうという物です。仮面ライダー系の流れですね。
行き過ぎた善。ガンダムSEEDへの抵抗みたいな物です。
人を殺す行為を、神が善として肯定する事で、人間側から
殺す事への抵抗感を覚えさせる狙いがあります。SEEDは
その辺が曖昧で、どうも人殺しについての見解に人間として
の常識が欠落している部分があったと思うので。
作り出すと夢中になってしまいますので、結構無理無茶は
やってしまいます(^^;。程々が一番いいのですけどね。
熱が冷めない内にと何時もやってしまいます(笑)。
by BTB 2006/12/03 08:39  URL [ 編集 ]

最初の画像でうわっデカイ!と思い、記事を読みながら各所の画像を拝見し、細かく丁寧に作られてるなと感心しました。
製作途中の画像から、パテとプラ板を上手に使いこなされてて、気合の入れ方が凄い!とてもたちうち出来んと唸らされた作品です。
肩の爪とオーラアンプの独特の模様はとても惹かれます。
色もいいですね、メタリックブルーとレッドがとても不気味さをかもし出していると思います。
またアインとベンドの対決の構図もよく練られてて面白いですネ。
ただ、前回の魔界組合の設定から考えてスティード自体の話の繋がりがちと気になります。
by オギジー 2006/12/04 19:34  URL [ 編集 ]

ありがとうございますmm。
主にパテとプラ板で作るので、基本は何時もその二つ
ですね。
肩の爪とオーラアンプは結構お気に入りです。前々
から電子回路の様なディティールをやりたいと思っていて、
今回それが叶いました。上手くいっているなら、ガッツポーズ
です。
色は結構苦労しました。ああでもないこうでもないと
考えた末に青の騎士が目に飛び込み(笑)。
スティードの話の繋がりですね。身が砕けるというのは
体表面の組織が崩れて、中身が(ベンドグローラが)出て
くるという物です。設定に詳細を載せていないのはわざと
なんです。全て今執筆中の小説で明らかになっていくという
事にしています。間を飛ばして、いきなり最後のキャラから
作ってしまったのです。何故か?面白いから、楽しそう
だから。それしか頭に無いです(笑)。
by BTB 2006/12/04 20:37  URL [ 編集 ]

追記。
元ザフト国の騎士という設定。
ザフト国も色々な次元、色々な場所にあるという設定で、
特定の国を指す言葉ではない。BTBが書く小説のザフト
国は必ずしも他作品のキャラの設定にあるザフト国と
繋がりがあるとは言えない。という事にしておくと大丈夫
でしょう(笑)。
by BTB 2006/12/04 20:53  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

我狼堂-PLUS!

Author:我狼堂-PLUS!
我狼堂-PLUS!へようこそ。

・当ブログ(以下当店)は、
 リンクフリーです。
・プロフィール一番上の画像が、
 当店のバナーとなっております。
・当店の画像・文章・記事等の著作物の無断転載を禁止します。

gkamebana.gif
kisi2rogo.jpg
我狼堂-PLUS!は、
SDFC -匠-および
SDFC外伝を応援しています。

★BB戦士・三国伝
BB戦士のレビューっぽいもの。ほぼ三国伝のみ

★SDFC系改造作品
SDFC等を使ったリペ・改造作品

★イベント投稿作品
他サイト様に投稿させて頂いた作品です

★SDガチャポンレビュー
SDガンダム系ガチャのレビュー

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Tree-CATEGORY
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。